もぎたて ぷらむ

フレンチブルドッグぷらむの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また逢える



お友達のおまめちゃんが、虹の橋に行ったそうです。

とってもちっちゃくておとなしくて。
ヨチヨチして甘えにきてくれた愛らしいまめちゃん。


おまめちゃんが旅立って、ご家族の心中を思うと胸が苦しくて涙。
でも、きっと虹の橋で元気に走り回ってますよね。



ぷらむが我が家に来て間もない頃から、いつか来る別れを考えただけで涙が溢れます。
そんな私にちょっと安堵を与えてくれたこの詩。






虹  の  橋                   和訳 いっけ


天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛しあっていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せなのです。


病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
・・まるで過ぎた日の夢のように。


みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと・・。


動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。


突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。
あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。


幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。


それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。




和訳された、いっけさんの「虹の橋の入り口」はコチラ










*Comment

(TT) 

大事な家族が逝ってしまう。心引き裂かれる思いでしょうね。
おまめちゃんのご冥福をお祈りします。
私もペットを飼う度に、いつか来る別れを思って辛くなったりもしました。
ですが、きっとこの子が今の世に生を受ける事は例え飼い主が自分で無くても決まっていた事だ。彼女達の人生に関わる事ができた。お互いを大事に思えた。それがとても幸せだなあと、今は思います。
遠く離れても家族は家族。
それがこの世とあの世であっても大事な存在である事には変わりはないんだよね。そんな事を思ったうるうるブログでした~!

 

長生きして10数年程度しか生きない犬を、いつか別れが来るとわかっていて、飼ってしまうわけですが、飼っている間は、死んでしまったときのことを考えて涙することもあるけど、実際に別れが来てしまった飼い主さん達の気持ち、きっと想像以上でしょうね。
この虹の橋、今は、この続きがあるそうです。飼い主さんが泣いてばかりいると、死んでしまったペットがびしょ濡れになってしまって、いつまでも虹の橋にいけない、というような内容だったと思います。この話、何度読んでも毎回、涙です。
  • posted by Snoopyママ 
  • URL 
  • 2008.06/19 19:19分 
  • [Edit]

 

私も、いつか必ず訪れてしまう日を思うと泣けて
仕方ありません。その後の自分も想像できないし。
そんな日を悔いなく迎えるためにも思いっきり愛そう
なんて思っていますが。
とってもかわいらしいおまめちゃん、ご家族の悲しみを
思うと胸が張り裂けてしまいそうですね。
きっと虹の橋の前で皆と楽しくしていますよね。
虹の橋の詩、私も大好きです。
久しぶりに読んでボロボロしてしまいました。
私もこの詩のお陰でその日を迎えた時も
少しは楽になれる気がします。
  • posted by mai 
  • URL 
  • 2008.06/20 22:56分 
  • [Edit]

★ あかぽん 

命あるものだから、きっといつかは別れがあるのだけれど、やはり現実を直視するのは辛いものだよね。

私も、実家にいたワンコが亡くなった時、ほんのわずかなタイミングの差だったんだけれど側に誰もいなかったの。
母が仕事で出かけた後に、私が仕事から帰って。
玄関先で倒れていたチビ。
今もアイツを思い出すと泣いちゃう。最期に一緒に居てあげられなくてごめんねって。
でも、あのこはきっと急に訪れた死だからこそ長期間苦しまずに逝けたのかなとも思える。

動物って、本当にまっすぐに愛してくれるよね。


  • posted by ari 
  • URL 
  • 2008.06/21 00:48分 
  • [Edit]

★ Snoopyママさん 

やはり、守ってあげる立場としては動物の死って深く刻まれる想いが交錯しますよね。
人間から見たら短いと思える一生だけれど、せめていっぱい幸せで笑える日々を過ごしたいですね。

別れの時が来たら気丈にいられる自信はないけれど、でも、哀しんで凹んでばかりいたら、ニコニコ笑いかけてくれた飼い主さんが大好きだったワンコは、もっと辛くなりますよね。
  • posted by ari 
  • URL 
  • 2008.06/21 00:54分 
  • [Edit]

★ maiさん 

愛しいからこそ、この幸せな毎日が永遠であって欲しいと望むけれど、やはり命には限りがあるんですよね。

でも、maiさんのおっしゃる通り、側に居る限り幸せにしてあげたいって思うし、命が限りあるなら幸せを凝縮してギュギュっとすればいいかなって。

なんか訳わからないことを書き連ねておりますが;;
ワンコもニンゲンも”幸せだね”って目を見て笑いあえる日々を大切にしたいですよね。
  • posted by ari 
  • URL 
  • 2008.06/21 01:01分 
  • [Edit]

 

ワンコも人も一緒だよ。。
命の尊さってのかな?
それは、みーんな一緒だよね。

まえの職場でね、金魚が死んでしまってゴミ箱に捨ててた店長。
(この話してたっけ?)
そん時、この店長にはついていけん!ってマヂで思ったよ。
ちっこくても命は命ぢゃろ??
それをさ。。 今まで楽しませて?なんやろ??
一緒にエサとかあげててさ、可愛いかったんぞ??
それをさー。 ゴミ箱って考えられんかったもん。

もちろん、他でもモメたさ。
辞めたった。。。( ´∀`)ヵヵヵ
  • posted by 矢部 
  • URL 
  • 2008.06/22 20:30分 
  • [Edit]

★ 矢部さん 

あれま。金魚。
店長はきっとオモチャくらいにしか思ってないんだろな~。


そういや、子供の頃って鳥とか死んじゃうと、庭に埋めてアイスの棒でお墓たてたっけね。
アイスの棒・・・哀悼してんのかなんなのか微妙だけどw
子供心に必死だったっけ。

  • posted by ari 
  • URL 
  • 2008.06/24 14:33分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Author:☆ ari ☆
埼玉に住む飼い主

★ ぷらむ ★
2006年3月5日生まれ
フレンチブルドッグ♂ パイド

いくつになったっけ?

ピクミー

FC2カウンター

ムッフ♪


いけちんが描いてくれました♪

最近の記事

ブログ内検索

フレンチブルドッグひろば

そらジロー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。